大切な披露宴のゲストへの依頼は、マナーを心がけよう

主賓の挨拶や乾杯は2人で決めない

結婚式といえば、ゲストに楽しんでもらえるように、披露宴に力を入れる人が殆どです。その中でも、ゲストにお願いをする内容として、主賓の挨拶や乾杯の発声があります。これらは、ゲストの中でも、新郎が勤めている会社の上司や学生時代の恩師など、目上の人にお願いをしますよね。ですので、ゲストにお願いをする際には、2人だけで勝手に決めるのではなく、出来る限り親や職場の先輩にも意見を聞いて、誰が良いかというのを慎重に決めるようにしましょう。

スピーチや余興は内容が被らないようにする

スピーチや余興は、一般的に新郎・新婦側から1~2名選んでそれぞれのゲストに依頼をします。ですが、ここで気を付けたいのが、スピーチの内容や余興が同じになってしまわないように、人選に気を付けるという事です。同じ中学校の親友2人にスピーチをお願いしてしまったら、どうしても内容は偏ってしまいますよね。昔からの幼馴染と大学の友人など、過ごした時期を分けるだけでも、スピーチの内容に変化をつけることが出来ますので、参考にしてみましょう。

会計係は出来る限り身近な人に

会計係とは、受付でゲストから預かったご祝儀を、一時的に保管して、タイミングを見て両家の親へ渡すという、お金に関するとても重要な役割になりますので、出来れば親友とかではなく、新郎・新婦それぞれの身内から選んでお願いするようにしましょう。そうすれば、タイミングも取りやすく、スムーズに両家の親へご祝儀を渡すことが出来ますよ。以上の事に気を付けて、披露宴でゲストにお願いする際には、人選を間違えないようにしましょう。

神戸の結婚式場では、結婚式当日のスケジュールについてプランナーと検討しますが、プランナーの交代ができます。